八ヶ岳合宿part3〜not yet complete~

世界で最もカバー演奏が多い曲としても有名なビートルズの曲『イエスタデイ』が
初期のテイクでは『炒り卵』を歌った曲だったというのは,よく知られたエピソードですね。

弦のカルテットとともに流れ出す,あの上品なメロディーが,最初から'Yesterday,all my troubles
seemed so far away...'だったわけじゃなくて 'Scrambled Eggs,oh my baby how I love
your legs?'だったというのは,ちょっと吹きだしてしまうような裏話。

ボクのブログの書き方もそれとちょっと似ています。

まずメロディーが浮かぶ。鍵盤の上でいくつかの選択肢からベストだと思うシークエンスを選び,
できあがった曲をテープに吹き込む(ポールはたしか譜面は書けなかったはず)。

その後で,ジョンの手も借りつつメロディーに乗る歌詞をひねり出す...

ボクの場合は,まず使いたい写真が決まり,次にそのイメージに合う文章,というわけです。


e0165831_2320233.jpg


だから,決して一貫した視点から文章を書こうとか,詩情あふれる内容にしようとか
狙っているわけじゃないんです。

下手クソなりに,自分で撮った中で気に入った写真をダァーッと並べてゆく。
上手く撮れたとか,色彩がキレイとかいうのも入りますが,まず何より「気になる」
「なぜだかわからないけど気持ちがひかれる光景」そう思える写真を選んでゆきます。

その後で,時間が許す範囲内で,写真のイメージに合う文を書いてゆく...

だから,ごめんなさい。

いろいろマジメにとらえていただいてコメントいただくと,「うわっ,炒り卵の話にこんなに
ちゃんとしたコメントもらっちゃったよ」みたいな,申し訳なさを感じることも(笑)





そんなわけで'complete cyclists'の話も半分は葉巻吸いながらピエール・バルーが
即興でつまびくメロディーに乗せて歌った言葉遊びに近いエントリー。

e0165831_23314070.jpg


もちろん,ある意味「アタマじゃなくて心のおもむくままの選択」から成り立つエントリーでは
あるので,あとから付け足す屁理屈の文章も,ボクという人間の「素の思考」からそれほど
かけ離れてはいないのでしょうけど。

e0165831_2335033.jpg



さて,'complete cyclists'の話。

矢野さんの口からこの言葉が出たのは「登りが速いだけではダメ。下りや悪路もちゃんと走れて
本当のサイクリストだ」という文脈の中でした。

e0165831_23385391.jpg

*今回のツーリングも,2日間にわたって,こんなゴロタ石の道や斜度が17%にもなるような
 落ち葉の積もる林道を縦横無尽にたどる,まさに矢野スタイルの「接待」(笑)


もしかすると,十代の早い頃から大学院を出るまでアメリカで育った彼が使う'complete'には
ボクが理解しているのとちがう,もっとプリミティブなニュアンスがあるのかもしれない。

また一方で,「下り」と「悪路」はまさにボクにとっては「苦手の双璧」なので,「サドルにまたがった
ときの自分の足りなさ」は,まさにアタマではなく身体的な感覚を通してまざまざと実感される。

自分が'not yet completeなcyclist'だということは,まったく抽象的じゃなくて,
まさに「今ここにいるボクのリアルな姿」そのものだもの。

だって,手のひらは痛いし,シクロクロス経験者たちが難なく駆け抜ける石コロ道で立ち止まって
しまうこと数知れずだし。下りだって,ど〜んどんみんなに引き離されるし(苦笑)


e0165831_23512341.jpg


でも,あ〜ぁと思いながら,なぜだか楽しいんだなあ。

これまで無意識に自分の回りに掘っていた溝やら立てていた囲いやらが取っ払われる経験だから
だろうね。


e0165831_2358212.jpg


50才をこえても,こんなやんちゃな遊びにつきあって,ビリケツで走っている自分って
ちょっといいぞ(笑)

そもそも小学校のときに体育と言えばずぅーと「3」ばかりで,一度だけもらった「4」が
勲章みたいに思える運動音痴のボクが(「1」とか「2」って先生たちはほどんど付けなかったはず),
けっこうなアスリートをも含むオヤジ仲間たちと曲がりなりにも一緒に走れているって,スゴくない!?

そう考えると,'complete(ness)'って何だろうね。
ますますわからなくってきた。

まっいいっか(笑)


*2日間の走行距離:153km,総獲得高度:3,055m。
 全員の総パンク回数:1回。
 自転車の神様に感謝!
Commented by Hato at 2010-07-29 17:36 x
2枚目の写真、我ながらめっちゃ楽しそうですね(笑
また行きましょ!
Commented by がんじー at 2010-07-29 20:28 x
Hatoさんの顔がありえないんですけどw
その顔のおかげでペダルさんの文書が頭に入ってこないw

坂バカツーリングではどんな表情を見せてくれるのか今から楽しみですw
Commented by ペダル at 2010-07-29 23:24 x
Hatoさん,今回の合宿でわかりました。
Hatoさんって,かな〜りフォトジェニックです(笑)

言い方を換えると「味がある」。またモデルして下さい。
Commented by ペダル at 2010-07-29 23:28 x
がんじーさん,そんなに気に入りました?
じゃあ,今度おっきなパネルにして差し上げましょうか,この写真(笑)

Hatoさんのパネル写真を部屋に飾るがんじーさん。

アカン,想像しただけで汗が出てくる...
by pedalweb | 2010-07-29 00:14 | ツーリング/ポタリング | Comments(4)