Look695ZR 初乗り

ようやく昨日乗ってきました。新しいマイバイク,Look695ZR。

新しいといってもボク個人にとっては「新車」でも,もう発売から6年が経とうとしているモデルなので,
熟成どころか終焉を迎えようとしているモデルではあります(汗)

もちろん,縁あってボクの手元にやってきたので永く乗りたいと思います。

それになんと言っても,乗り手と自転車の相性って不思議なもので,「新しければ新しいほど良い」とは
かぎらないわけで。ボク自身,これまでベストのヒルクライムバイクは?と問われたら,586でも595でもなく
585だったと思います。

ということで,まずはホームコースの六甲山に登って操作性や走破性のチェック。


e0165831_025617.jpg



ファーストインプレッションとしては「芯のある硬さ」「持ったとき以上に乗って感じる軽さ」そして「平地や
下りでの抜群の安定感」の3つの要素につきると感じました。

たとえて言うなら,パッと見は華やかではないけれど,見た目とはうらはらにそれなりに冗談も通じて,
まったく仕事にムラがなく,こちらの誤字や計算ミスもめざとく見つけて裏ですみやかに訂正までしてくれ,
ふとした瞬間に女らしさを感じたこちらが色気づいてアプローチすると,スルッとかわして,今日は姉との
約束がありますので的な口実でスタスタと帰ってゆく「デキる理系女子」みたいなロードバイク...

なんじゃそれ?ですが(笑)まあ,そんな感じです。

肝心の「速さ」ですが,登りに関しては,こちらの非力を全面的にカバーしてくるタイプではなく,踏んだなりに
登り,回したなりに進む,というのが第一印象です(もちろん,さすがにLookの往年のトップレンジのレベルで
での「それなりに」感ですが)。

どっちかと言うと,585ほどは踏んで振りまわす軽快さを楽しめるわけではなく,ジワジワ踏み回して
カロリーを速度に変換するプロセスを楽しむモデルかなあ。

今日は暑さと疲労で,「エンジン」がスカスカだったので,もう少しこちらのコンディションを上げてから
またインプレしてみたいと思います。
by pedalweb | 2016-08-19 00:46 | 自転車パーツ&ウエア | Comments(0)