Pentax KP

お気づきの方もおられるかもしれませんが,今年になってデジイチを新しく購入しました。

買ったのはペンタックスのKP。APS-Cの中級機です。販売開始の告知を見てしばらくあれこれ
考えたあと予約し,2月23日の発売日に販売店の店頭で購入。

大むかしに母が使っていた銀塩カメラのアサヒペンタックスSPをのぞけばボクが手にした3台目の
ペンタックス機です(つまりは自分で購入した3台目の一眼レフです)。

最初は2008年秋に購入したK200D。先日の父の酒屋の写真はこれで撮りました。



e0165831_23522336.jpg


K200Dの次がK7で,2011年の1月に購入。あれから6年もたっているんだ(遠い目)。

あいかわらず勉強不足と努力不足で,一眼レフ撮影の腕前がちっとも向上しませんが,カメラの方は
ずいぶん進化したのを実感します。弱点だったAFがかなり速くなっていたりとか。

メーカー自体がセールスポイントにしている高感度もたしかにすごい!ISOの上限が819200。
6400まではまちがいなく常用できるので,以前にくらべて少し開放値が暗いレンズでも
シャッタースピードをかせげるのはうれしい。

そして,ボクのデジイチの使い方はかなり特殊です。

今回の『プレスティージ』から,ロードバイクでのサイクリングでもデジイチを背負って携帯し,
「コンデジのように超気軽に」パシャパシャ撮っていますから。すごぉ〜く雑な撮り方(苦笑)



e0165831_00101396.jpg
*購入店の「八百富」さんのHPからお借りした写真。新規購入したレンズ(DA 21mmF3.2AL Limited)も
 こちらのHPを見て決定。



「八百富」さんのHPからはペンタックス大好き!というあたたかい気持ちが伝わってきて,ボクは
KP買うならこのお店だなと早々に決定。

だって,ニコキャノじゃなく,わざわざペンタ選ぶごくごく少数派な変わり者のために,懇切丁寧な
ガイド記事を作成されているのだもん。

そして,自転車でのライド時に素早い取り回しができるストラップやら小物をあれこれ調べて調達。

ロードバイクでのサイクリングの場合,持ち物はできるだけ少なくし,シュッとした外見を保ちたい(笑)
デジイチをジャージのポケットに入れるのはムリですが,かと言ってデッカいバッグは付けたくない。

その結果が下の写真のようなスタイル。ビデオからのキャプチャーで,わかりにくいかと思いますが,意外にも
背中に背負っているかぎり,総重量850g弱はほとんど気になりません。リコーのGRをジャージポケットに
入れているのと体感での「負荷」はほぼ同等。これもKPがデジイチのわりには小型軽量というのが大きいです。



e0165831_23172619.jpg


肝心のカメラ自体の使い勝手ですが,とてもイイです。KPのムギュッとアンコがつまったような凝縮感は
ペンタックスの小型機独特の持ち味ですが,それが「サイクリングのお供」としてピッタリ!

もちろんコンデジのように,さっとジャージポケットから取り出して気軽に「振りまわして」撮るという
ハンディーさはありませんが,その分しっかり構えてファインダーをのぞいて「写真を撮ってる!」楽しさを
与えてくれます。



e0165831_23430630.jpg


いまやコンデジもAPS-C機なみのセンサーを搭載した機種がごくあたり前となっていますが,
それでも「やっぱり一眼レフならではの奥行き感はコンデジには出せないなあ」と感じることが
ときどきあります。下の2枚はそういう作例ですね。



e0165831_23543423.jpg
*装着しているレンズDA21mmのマクロ寄りの特性もありますが(最短撮影距離20cm)人物に1mくらいまで
 近づいて撮った写真がかなりいい感じ。



e0165831_00000882.jpg


もちろん一眼レフですから,いろいろレンズをとりかえて「画風」を変えて撮る楽しみも大きい。

上のこれはCarl ZeissのPlanar50mmF1.4で撮った桜の季節の近所の神社での一枚。以前のK7だと
自転車に乗ってカメラを持ち出すのに,わざわざこのマニュアルレンズを付けたデジイチを携帯しようと
思わなかったのですが,KPだとキモチのハードルが一段低くなるんですよね。



e0165831_00131245.jpg


ひとつ弱点を挙げるなら,思ったよりも逆光に弱いかもしれません。この写真のようにゴーストに対しては
神経質かなあ。DA21レンズのフードの浅い形状によるのでしょうけど,コンデジよりも気をつかいますね,



e0165831_00170883.jpg


ということで,ロードバイクに乗る写真好きのサイクリストにペンタックスKPは自信をもって
オススメできるのですが,今後の大きな不安があるのを思い出しました。

実は,いま現在ペンタックスとその親会社であるリコーが財務上あやうい状態にあって,今後しばらく
カメラ部門の展開が不透明なのですね。

ボクは愛用のカメラがリコーGRとペンタックスのデジイチなので,これは憂慮すべき事態。なんとか
のりこえて欲しいものです。





Commented by かわもと at 2017-05-19 09:33 x
こんにちは。
素敵な写真と文章に旅している気分でロードバイク乗りとして臨場感を味わわせて頂いています。
写真の力は素晴らしく、最近ではフィルターで簡単に加工できる時代ですがやはり一眼の描写と加工した写真と比べうるものではありません。
そう考えて携帯するのですがなかなかその重量に心砕かれる日々を送り、結局はコンデジになってしまいます。
ようするに、ペダルさんの携帯方法を参考にさせて頂き、また挑戦してみようと思い読ませていただきました。

KUJUのライドレポート面白かったです。
Commented by ペダル at 2017-05-19 20:51 x
かわもとさん,お読みいただきありがとうございます。
自転車とカメラって相性がいいのですが,なかなか理想のスタイルは見つからないですよね。そのぶん模索する楽しみも大きいのですが(^^)
今回KPを背中にせおってロングライドしてみて,体に密着していれば重量は気にならないのがわかりました。ぜひお試しください!
Commented by リキ at 2017-05-24 19:54 x
うーん,kujuの記事・写真とあわせて読むと刺激的ですね。
一眼背負ってのライド,やってみたくなりました。
走りながらも撮っておられますよね。
デジイチでそれがどのようにできるのか,魔法みたいです。
Commented by ペダル at 2017-05-24 22:38 x
リキさん,お読みいただきありがとうございます。

一眼背負っても意外と大丈夫ですよ。カギはカメラを正しい向きで体に密着させられるストラップの使用だと思います。

走りながら撮っているように見えるのも実はほとんどが止まっています。みんなよりダァーッと先行してカメラ構えてスタンバイ。←しんどいインターバル(苦笑)
あとは体の前で密着させたままブラインドシャッターで連写です。
by pedalweb | 2017-05-18 00:19 | カメラ,写真 | Comments(4)