夏マミッレライド〜大人の夏休み2日目

タイトルを見て「もしかして...」と思われた方,その「もしかして」です。正解です(笑)

先週末の連休の自転車遊びの2日目は,大阪の名店でサイクリストにも人気のお店,天六にある
『ブタマミッレ』のオーナーシェフをお招きしての遊びライド。

シェフをご案内したのは,瀬戸内沿いのたつの市から出発して赤穂〜坂越〜有年をまわってたつのにもどる,
瀬戸内の海沿いの道を楽しむルート。

『ブタマミッレ』のオーナーシェフというか,ボクにとっては10年近いおつきあいになる自転車仲間の
みっちょむさんを,これまた姫路の名店『イーズカフェ』のマスター主催のサイクリングにお招きできて
とてもうれしいマリアージュ。あっ,オジサン同士だからマリアージュはちがうか(笑)

でも,気安くは休めない飲食業のおふたりに丸一日思うぞんぶんアウトドアで遊んでいただけるのは
自転車仲間としてはホントに幸せなことなんです。



e0165831_21395360.jpg



とくにみっちょむさんは,まだ開業される前,「ヴィチヴィニ」(Vici e vini「自転車とワイン」)と称して
飲んべえ自転車乗りで集まっては定期的にサイクリングとイタリア料理を楽しんでいたこともあって,
あんなふうにまた一緒に(店主としてではなくゲストになっていただいて)走りたいなあと思っていました。

今回はかき入れ時の連休に100km以上離れた海岸まで来ていただき恐縮至極でしたが,これがゴールではなく
「きっかけ」となり,ふたつのお店のマリアージュにつながればとも思うわけです。

あっ,オジサン同士だからマリアージュはちがうか(爆)



e0165831_21525875.jpg


朝9時にJRたつの駅の近くに集合。

『サカグライド』合宿に参加した面々はちょっと顔色がさえない感じ?まあ,よく飲んだからね(笑)

わいわいにぎやかにブリーフィングしたあとは,旧室津街道を通ってさっそく海岸線へ。

ガレた木立の間の道を抜けると目の前にパァーッと室津港のむこうに海が広がる景色はいつ通っても
良いなあ。

シーボルトや遊女が通った頃と海の眺めはどれほど変わったのだろう?と,時空を超えることができる
稀有な道。



e0165831_21541740.jpg



『ツール・ド・室津』よろしく港をいだく小さな半島をぐるっと巡り,漁港の中を通り抜けたあとは
「はりまシーサイドライン(国道250号)」を西へ。

連休でクルマやモーターバイクが多い中をのんびり走ろう...と思っていると,ライドリーダー役の
イーズキャプテンがけっこうなペースで引きはじめます。

あれ?そっか,相生の「道の駅ペーロン城」までは走りながらおしゃべりできる道ではないので,
サクッとこなしてしまって,そのあとまったりライドなのね...と思っていると,ペーロン城すぎても
キャプテンのペースは変わらない。

あれ?そっか,飲んべえ合宿メンバーの酔いざましのためにサクッと汗を流して新陳代謝しなさいと
いうことか?...と思っていると,けっきょくそのまま最後までペースは落ちない。

体調が万全ではない合宿メンバーの皆さん,こたえただろうと思います。お疲れさまです。

3週間におよぶ過酷なレースを走るグランツールのプロ選手たちが,どれほど高い「飲み食い」の
能力を持っているのか,あらためて痛感したサイクリングでした(汗)
(逆にやっぱり寝落ち組はおおむね元気だった 笑)



e0165831_22170564.jpg



閑話休題。

今回みっちょむさんをお招きするにあたって,真っ先に考えたのはランチをどこでとるかでした。

さいわい赤穂にはイタリアンの名店『さくら組』があって,休日の予約とりは難しいけれど,
ピッツァのテイクアウトなら当日でも可能。

みっちょむさんは何といってもイタリアワインのプロなので,じゃあ『さくら組』でテイクアウトして
海辺で食べよう!と。

ただ,ふだんならパクパク食べてしまうはずの名店のピッツァが万全ではない体調のメンバーには
重かったようです(冷麺とかにすればよかったかな 汗)。



e0165831_22285304.jpg


シュンくんがつぶやいていたように,最初はみんな切り分けるピッツァにわぁっと集まっていたのですが,
だんだんと枚数が進むにつれて遠巻きに。CNE(Can Not Eat)組もでてきます(笑)



e0165831_22362007.jpg
*Photo by 巨匠(上の2枚)。



その様子を見ていて痛感しました。

食と恋は「ウィズウィグ」WYSWYG(What You See IsWhat You Get「見えたものが手に入る」)が理想。
でも,体調が悪かったり相性が良くなかったりすると一気に意欲が減退して「見たけど要らない!」って
なるのですね。



e0165831_23014344.jpg


そんなわけで,腹いっぱいのピッツァと胸いっぱいの潮風を堪能して,次の目的地の坂越(さごし)へ

『さくら組』の系列店でジェラートがおいしい『坂利太(pasticceria salita)』に立ち寄ります。

あいにくボクには「別腹」がなくて,ほっこりしているみんなの写真を撮ってデザート休憩。オジさんたち
可愛い(笑)



e0165831_23111277.jpg


坂越を出たあとは千種川沿いに廃線跡の快走路を北上し,本竜野の城下町を見物して帰ったのでした。



e0165831_23120692.jpg



たっぶり丸二日遊んだ「大人の夏休み」。

夏休み本番の扉はまだ開いたばかりですが,皆さま暑さに負けずめいっぱい遊ばれますように。

考えてみれば,小学生時代を終えたあと,ふつうなら暑さにうだる夏の時間がこれほどの
愉悦に満ち満ちているのは,ボクらがサイクリストであるがゆえですよね。

立ち止まっていれば熱気に倒れてしまいそうな夏の昼下がりに,颯爽と風をうけて走り,
ヒリヒリと肌を刺す日差しさえも思い出の一片にできるのは,大人のサイクリストの特権。

夏ほど,知性と感性のバランスを必要とする遊びの能力をサイクリストが最大限に発揮できる季節もない
ですよね。あらためてそれを実感しました。

みっちょむさん,遠くまで出かけてきてくれてありがとね!



Commented by みっちょむ at 2017-07-21 10:17 x
お店をやってからは、なかなかご一緒することが難しく、
旧知の仲間のはずなのに、疎外感や孤独感を感じていたのも事実だったんですけど、
改めて思いました「僕は一人じゃないし、素敵な仲間に恵まれている」と。

素敵なライドありがとうございました。

また、一緒に遊びましょう!
Commented by ペダル at 2017-07-21 11:22 x
みっちょむさん,ご一緒できてホントによかったです。
当日はいろいろ段取り不足の部分もあって,また次の機会にもっと楽しんでいただけたらと思ってます。

またヴィチヴィニもやりたいですね!
(今夜お店におじゃましま〜す)
Commented by リキ at 2017-07-25 09:09 x
こんにちは。
このあたりはよく走るのですが,旧室津街道はまったく知りませんでした。これだけ魅力的に描かれると,今すぐにでも走ってみたくなります。8月に行ったときには行ってみようと思います。
Commented by ペダル at 2017-07-25 10:31 x
リキさんの行動半径の広さに感心します!
旧室津街道ですが,実際にはかなりガレたワイルドな道です。
くれぐれも遊女の気配を求めていらっしゃらないように(笑)
一度こちらでもご一緒できればいいですね。
by pedalweb | 2017-07-21 00:16 | ツーリング/ポタリング | Comments(4)