最近の定番ルート〜奈良,當麻寺(たいまでら)へ

この週末は台風5号の進路が気がかりです。やっと予想進路も見えてきたようですが,それて欲しいですね。

お盆に休みがとれないのとひきかえに,今週ボクは昼すぎで仕事を切り上げて,午後は走る時間がとれる
スケジュールをキープできました。

次の週末は走れないだろうと思っていたので,毎日短時間でもと連日ちょこちょこ走り。先週土曜日からは
6日連続で走って,距離400km弱,獲得標高5,000m強に。

毎日午後3時くらいから出てジャージを脱いでビールにありつくまでに2〜5時間かけているわけですが,
これって,ちょうど『ラファ・ライジング』や『フェスティブ500』に当たるペース。

月間1,500kmをこえるペースになると(走る強度をあげていないこともあり),体に「自転車の筋肉を
使う習慣」がついてきて,疲労の蓄積から回復へのコントロールが少しうまくなってきます。

それに何より,メンタルの面でも「大のオトナが平日みんなが働いている時に自転車に乗ってうろつく
罪の意識」が薄れてくる(笑)

サドルにすわる時間が長くなればなるほど,自転車と一体化すればするほど,自分の中の野生成分が
めざめてくる...というのは『ラファ・ライジング』や『フェスティブ500』のときに経験することですね。



e0165831_13443812.jpg
*西暦612年の創建とつたわる當麻寺の境内の金堂。日本で唯一境内に2つの三重の塔が残る美観が
 楽しめますが,あいにく西塔は現在修復作業中。



そんなふうにして最近ボクがよく出かける行き先は主に大阪東南部から奈良の西部。とくに上の写真の
當麻寺(たいまでら)のあたりが気にいっていて,往復に旧道や峠を組みこんだループで走りに行きます。

大阪市内での仕事が終わって午後から出かけるとなると,山のふもとまでの幹線道路の「暑苦しい時間」が
少しでも短くてすむ信貴生駒山系や葛城金剛山系の方が六甲山より足を向けやすいのですね。

登ると気持ちいいのは断然六甲山なのですが。

奈良の西端で,二上山のふもとに位置する當麻寺までは,大和川と石川の河岸のサイクリング道や
ぶどう畑の間をのぼりおりする南河内グリーンロード,太子町の古い家並みを抜けて旧道の竹内峠を
こえてゆきます。



e0165831_13593163.jpg
*南河内グリーンロード近くから太子町の山手ごしに大和葛城山方向をのぞむ景色。ちょっとイタリアの
 鷹の巣の街っぽくて面白い。



當麻寺の境内やあたりの集落で写真を撮ったりうろうろしてから帰路に。

時間がないときは北に出て太子道(府道703号)で穴虫峠をこえるか,往路と同じ竹内街道で。

時間があるときは南下して,富田林街道(国道309号)で水越峠をこえて。

どちらもできるだけ交通量の少ないルートや時間帯を選んで走ります。


e0165831_14163738.jpg
*當麻寺の門前町。みやげ物の店や和菓子の店もあるものの,いつ行ってもひっそりと静か。



北の信貴生駒山系にも古くからの寺社や古墳があって,十三峠や葡萄坂といった,クライマー御用達の
タフな峠ルートもあるのですが,ボクが自然と當麻寺の方に足を向けがちなのは,途中に古い街道の家並みが
あって,當麻寺のあたりに奈良ではちょっと珍しい明るい高原の気配があるからです。

半分は「練習」を意識して走っていますが,それだけではなくて「プチ旅行」の要素がないとボクは
続かないのですね。

で,毎日これを続けられる時間があるのは,ホントに贅沢です(笑)

あとは歩けるシューズを履いて平石峠ごえだなあ。





Commented by かわもと at 2017-08-04 20:12 x
トリップ感が味わえるブログいつも拝見させて頂いています。

今地図で當麻寺の場所を確認しました。ちょうどその周辺を先ほど見ておりまして近くかな?と思い近くだ!と。


司馬遼太郎の「街道を行く 第3巻 陸奥のみち肥薩のみちほか」を読んでいる途中で、高貴寺を確認したところでした。
高貴寺と當麻寺はひとやま越えたむかいですね。
平石峠はそれを繋ぐルートになるでしょうか?
本に「河内みち」という章があり「平石峠」という項目に高貴寺が出てきます。

ナイスタイミングでうれしくなりました。
旅行することあればライドしたい場所です。
鹿児島在住ですがwww
Commented by ペダル at 2017-08-04 22:02 x
かわもとさん,いつも拙文をお読みいただきありがとうございます。
鹿児島の方なのですね!近年ボクにも九州の自転車仲間がふえてきて,主に阿蘇周辺に出むきましたが,鹿児島はまだ未踏の地です。霧島のあたりなど良さげですねえ。

高貴寺のことは知りませんでした。地図を見ると,まさに南大阪(河南町)から當麻へ抜ける平石峠のふもとにあるのですね。平石峠は途中未舗装で一部階段もある酷道ですが,ロードでもMTBシューズ履けば楽しめそうです。近いうちにレポートしますね。

確認すると,司馬遼太郎は大阪のひとですが,幼少期は當麻寺近くの母方の実家で育ったようです。出身校(旧大阪外大)がボクの子どものころの遊び場だったり,後年のご自宅が東大阪市内のいつも通るライドルートそばだったりと,生活圏の近さでも親しみを覚える作家です。
Commented by KIHARU at 2017-08-05 16:36 x
こんにちは。いつも拝見させて頂いております。
数年前にも一度コメさせて頂きましたが平石峠はグラベルライド的なコース。
ご自身のお得意なシクロ車で行く様な場所です。
私は堺の人間なので石川や大和川から金剛山などがテリトリー。
六甲山は走った事がないのですが素晴らしいところの様ですね。
これからも楽しみに拝見させて頂きます。
Commented by ペダル at 2017-08-05 22:43 x
KIHARUさん,カキコミありがとうございます!
おっしゃるように平石峠はグラベルライド的なルートみたいですね。Youtubeなどでも見て,CX車向きだと思いました。

冬だと付近のトレイル探検もからめてCXで行くのですが,夏場はふもとまでの距離を考えると,ロード&MTBペダルもありかな?と思案中です。

ぜひ六甲山もいらしてくださいね(^^)
by pedalweb | 2017-08-04 14:29 | 練習ライド | Comments(4)