My Driving History

古い鉄のロードレーサーの写真をネット上で探していると,ふとしたことから
ちょっと前の四輪のイタリア車の写真が検索にひっかかってくることがあります。

そんな中で,自分が昔乗っていたクルマの写真があると,ふと手を止めて
見入ってしまいます。

なんだか昔つき合っていて別れた彼女の写真を見てしまったような気分,かな...(笑)

e0165831_015377.jpg


ボクが最初に買った車は,ランチア・プリズマ1.6i.e。1987年のことです。たぶん。
あの頃の二十代が選ぶクルマとしては,かなり変わった選択肢でした。
VWのパサートやアルファ・スッドと比べた記憶があります。

まあ ,要するに「ひねくれた」チョイスで,自動車趣味に入ったのですね(笑)




このプリズマですが,'80-'90年代にかけて,ラリーシーンを席捲したランチア・デルタの
4ドア版です。VWのゴルフに対するジェッタの立ち位置のポジショニングのセダン。

もちろんデザインはジゥジャーロ。
すでにイタリアはトリノの名門ランチアがフィアット傘下に入って久しい頃のモデルですが,
過去のランチアの宝石のようなセダンに負けず劣らずの気品があるように感じていました。

今見ても,ボクシーな(ということは,実用面では効率のいいスペーシングの)何の変哲もない
ドア4枚のデザインでありながら,イタリアならではの秀逸な立体感覚を体現した,
他にはないデザインだと思います。

この後もランチアに乗っていました。

e0165831_03061.jpg


やはり同じくジゥジャーロによるデザインのテーマ・ターボ2.0(16v i.e.)。

まだ若かったボクが乗っていると,オヤジのクルマを借りてきた若者にしか見えなかった
かもしれません(苦笑)
今なら白髪も増えて似合うのになあ。

しかも,運転の腕もまだまだ未熟で,最初の1台を雨の高速道で全損事故。
懲りもせずに,続けて同じテーマ・ターボを選んで乗っていました。

ちょうどバブルの絶頂期で,ボクより少し年上の田中康夫氏はこれにフェラーリのエンジンを
積んだタイプに乗っていました。

そうそう,彼は1台目のアルピーヌをトラックの下にもぐりこませて大破。
続けてまたアルピーヌへ。ランチア・フェラーリとどっちが先だったかな...

その後,デ・ローザ・ファンなのに「たまにはコルナゴに...」と言い訳するがごとく,
1台だけアルファに乗りました。当時DTMで大活躍していた155(V6)。
ほとんどシャコタン改造車でした,乗り心地は(笑)

e0165831_0363830.jpg


で,自転車趣味に復帰した2000年以降は,ルノー(ルーテシア1.4)と
ランチア・リブラ・ワゴン。

e0165831_043365.jpg


リブラはランチアが苦しい開発環境の下で意地を見せた良いモデルでしたが,
たまたまボクが買った中古車は電子制御に不具合があり,
5気筒がときどき4気筒になってしまう不当たり。

ランチアらしい,正確でありながらも,しっとりとしたステアリングのフィールを持った
素晴らしいモデルでしたが,泣く泣く別れたのでした。

今は訳あって(どんな?笑)イタリア車から距離をとっていますが,ランチアがいかにも
彼ららしいステーション・ワゴンを出してくれれば,きっと心惹かれると思います。

ランチアの後ろにデ・ローザを積んで,走った帰りにモンテ・ファルコでワインを買って...

業爆で4時間の睡眠が続くと,そんな白昼夢をふと見てしまうのでした(笑)
Commented by adr_97jp at 2009-12-05 02:42
予想通りやっぱり濃いい車歴でらっしゃいましたね。
さすがにリブラのワゴンは見たことが無い車です。
興味はあるのですがなかなか見つけにくそうですね。

ランチアと言うとイプシロンのディーゼルとインテグラーレは知り合いが
乗っていらっしゃいます。
あと浜松市内のイタリアンレストランのオーナー(イタリア人)は
テージスに乗っているので、ある意味フェラーリに乗っているより
目立っていますね。
また妻のフレンチの師匠の車はアルピーヌV6ターボ。
燃料ポンプが壊れたりリアハッチガラスがいきなり割れたり
しているそうですがまだ現役で頑張っています。

色々な話はお聞きしますがラテンの車ってやっぱり魅力を
感じてしまいます。
Commented by おれんじおるか at 2009-12-05 06:25 x
僕は免許を取った時からラテン系のコンパクトカーにずっと憧れていたんですが、80年代のラテン車はまだまだ故障が多くてずっと二の足を踏んでいました。
プジョー205,シトロエンAX,ルノー5,フィアットウーノ,ランチアY10,etc.どれも今でも魅力は色褪せないです。
ペダルさんがルーテシアなのには、あれ?と思っていたんですが、リブラをお持ちだったんですね。
さすがにリブラは見たことがないので、一度拝見したかったです。
Commented by ペダル at 2009-12-05 08:17 x
adr_97jpさん,「やっぱり濃い」ですか?本人としては「ふつう」なんです。
ただし「イタリア人基準」ですが(笑)

リブラは顔はメルセデスのCに似ているし,横から見ると日産の商用車だったりして
中途半端なモデルなんですが,中身はイタリアのブルジョワのシックな趣味を
一流の操作系のチューニングとともに味わえる良心的なクルマでした。
adr_97jpさんならきっと気に入られると思います。

テージスは売れていませんが,「熟れた」唯一のイタリア車ですね。
60才を過ぎたら乗ってみたいものです。
フレンチも含めてラテン車は元気でいつづけてもらいたいものです。
Commented by ペダル at 2009-12-05 08:22 x
おれんじおるかさん,ラテン系コンパクトいいですよねえ。
ボクはサンク(バカラ)や先代イプシロンが大好きでした。あっ205も,
ルーテシアは免許取り立ての奥さん用に買ったのでしたが,
ルノーのシャシーの素晴らしさに驚嘆して,ほとんどボクが乗っていました。
今でもあのプリっとしたお尻を街で見るとふり返ってしまいます。
Commented by hiro at 2009-12-05 08:42 x
濃いなぁ、、、
20代でプリズマっていうのが親父臭くていいですなぁ

80年代後半は良い車(デザインがですが)が多かったですね
ボクが最初にクルマを買ったのがイタ車低迷期に入った頃で
92年のALFA155それから156、159とナポリ製の車ばっかり
159の時は新しいデルタも考えたんですけどオトナの理由で諦めました
その分妻がデルタHF→panda→フミヤY→ビキニYとマニアック路線を行ってますけど(笑)

テシスはいつかは乗りたいオトナな車ですね、ものすご〜く憧れます
ペダルさんならもうOKじゃないですか?
これ書きながらカーラブルーニの歌が聞こえてきます(笑)
Commented by おぺら at 2009-12-05 22:36 x
リブラ。何度か拝見させていただきました。いい感じに見えましたが、ご苦労されていたようですね。
私は、90年代old-miniに乗っておりました。欧州車はこの一台だけですので、あまりエラそうなことは言えませんが・・・
当時欲しかったのは「アウトビアンキA112アバルト」でした。しかし、既に生産中止。迷ったあげく新車で買えるminiに。でも、楽しかったです。あの頃は自転車よりもクルマにイレ込んでました。
80年代頃の欧州小型車は機能を絞った個性的なクルマが多かったですよねぇ。

今は国産のフツーのセダンに乗っておりますが、最後に欧州車に・・・
いや、欧州自転車の方がいいかなっ?
Commented by Hato at 2009-12-05 23:27 x
ランチアってなんか大人なイメージありますよね。
乗る人にも色気を要求されるような・・・。
テシス、ペダルさんなら車歴的にも色気的にも(笑、全然OKな気がします。

僕は自転車に乗り始めてからルノー・エクスプレスが欲しくてしょうがないです。
メガーヌ売って、CXとエクスプレスっていいと思わん?と妻に提案したら、
そんないつ止まるか分からない車2台にしてどうするの!と言われました(笑
Commented by shinzo_h at 2009-12-06 00:49
確かに濃いですよねぇ。155は食指が動きましたが、エグザンティアのほうがより好きでした。
実際に買ったのは、日本のメーカーが海外で作ったクルマが多かったですね。まぁ、帰国子女に憧れたようなものです(笑)
いまは、クルマに興味がなくなり、故障しなくて快適であればいいって感じです。堕落したなぁ。
Commented by ペダル at 2009-12-06 09:04 x
hiroさん,ご夫婦そろって濃すぎです(笑)
とくに奥さんのスタートがデルタHFって,どひゃーですね。
フミヤYも!リブラもフミヤデザインでした。

テシスはボクの中ではショーファドブリンなクルマなので,
自分みたいな落ち着きのないオトナには向きません(笑)
カーラブルーニの旦那(人間的には好きじゃないですが)が
自分のゴシップを載せたラ・スタンパを後席で読んでいる...ってイメージです。
Commented by ペダル at 2009-12-06 09:09 x
オペラさん,そうなんです。リブラには手を焼きました。まともに走れていたのは半分?
アバルト・アウトビアンキときましたか(笑)
きっと下りで飛ばすんでしょうね。目に浮かびますよ,オペラさんの運転。

90年代のボクは自転車はさっぱりでクルマ趣味の小デブでしたが,
オペラさんは何だかんだ言って自転車超ベテランですからね。大尊敬です!

ぜひそろそろイタリアンな小型車で趣味車復帰して下さい。
エランとかでもいいですよ(笑)
Commented by ペダル at 2009-12-06 09:13 x
Hatoさん,イタリアではランチアは間違いなく保守本道の大人グルマです。
でも日本だとラリーデルタのイメージが強くて,「変」ですよね。
アルファ乗りは「変態」。ランチア乗りは「変人」です(笑)

フランス車なら,ボクは今グランピカソがいいですねえ。
自転車4台車内積みしてオッサン4人乗せて遠征なんて楽しそう。
エクスプレスいっちゃいましょう!(笑)
Commented by ペダル at 2009-12-06 09:17 x
shinzo_hさん,エグザンティアもいいですねえ。ベルトーネでしたね,たしか。
いえいえ,いい年した大人は壊れないクルマが一番です。
女房に求めるものと似てきますね,クルマに求めるものって(笑)
Commented by みっちょむ at 2009-12-06 12:31 x
僕の車観は音楽の影響が大きくて、
このあたりの車はあまり明るくないのですが、
最近はヨーロッパのオシャレできびきび走る
コンパクトな車もいいなぁなんて思い始めてます。

この前なんて、立て続けにランチアのデルタを
見て、お~なんて思ったり。

まぁ、凝り方も知識もそんな次元なんですが。

僕もいつかはイタ車乗ってみたいなぁ。
Commented by ペダル at 2009-12-06 22:57 x
みっちょむさん,やっぱりラッパーMicchomさんはハマーとかじゃないですか♪
新しいマスタングなんかもいいですしねえ。
イタリアはイタ酒を飲むだけの方がいいかもしれないですねえ(笑)
Commented by Hossy at 2009-12-07 17:16 x
やっぱジウジアーロです。
ゴルフ1、PIAZZA、UNO。
そして僕のファーストカーPANDA。
LESS IS MOREを体現したプロダクト。
安いのに、しょぼくない。乗る度に楽しい気分になりました。
お別れの日、子供も泣いてましたし。
またいつか乗りたいなぁ。
Commented by ペダル at 2009-12-08 07:46 x
Hossyさん,初代パンダの乗ってはったんですか。ナットク!

安いのにしょぼくないって,ホントにその通りですよね。それこそデザインの力。
他ならシトロエンの2馬力,初代サンク,スマートがアタマに浮かびます。
余計な脂肪がないLESS IS MOREなクルマって,乗ると元気がでますね。

またいつかパンダ乗ってください,ぜひ!
by pedalweb | 2009-12-05 00:54 | 暮らしの中のあれこれ | Comments(16)