エタップ・ドゥ・ツール〜リザルト速報

昨日現地時間の午後5時過ぎにエタップを完走しました。

朝7時42分にスタート。ゴールのオタカム山頂に着いたのは9時間36分32秒後。

ボクのガーミンのデータでは走行距離149.3km,実走時間7時間25分,獲得標高は3,725mでした。

ちなみにレースの記録上のタイムと実走時間の2時間あまりのひらきは,2つの要因から。

マイナスの要因は,超級山岳のツールマレ登り口から降り始めた雨(一時はかなりの大雨)と低温(平均
気温12℃,最低気温5℃)による凍え,下痢,ハンガーノック(この2つは不十分な体調管理から)。

プラスの要因は,沿道で応援する人や補給スポットで地元の人たちとなるべくコミュニケーションをとり,
写真も撮っていたため。

参加者の中にスタートとゴールの間で写真を撮っている人の姿はほとんど見なかったので,たぶんボクが
のんきにおしゃべりして撮影を楽しんでいたのはエタップ的には風変わりだったかも(笑)


e0165831_7491845.jpg

*標高が上がるつれてどんどん気温が下がってゆくツールマレ峠への登り。大雨。


ということで,1万3,000人ほどの参加者の中で順位は真ん中のちょっと下,7,788番目でしたが,大雨と
冬のような気候の中で目一杯エタップを楽しんだという点ではトップ100位くらいには入るかも。


*ちなみにトップは30代後半のライダーで4時間47分29秒。


もちろん体調不良と悪天候のせいで,これまでのボクの自転車歴の中でも間違いなくNo.1と言えるほど
キツいレースでした。レース序盤から何度も「リタイヤ」という言葉がアタマをよぎったのははじめて。

それでも足切り制限まで1時間半ほどを残して完走できましたから,「まぁ人生あきらめずにコツコツやって
いれば,なんとか乗り越えられるもんだ」という教訓を,わざわざフランスの南の外れまで行って実感したわけです(笑)

ゴール後にオタカムから下山して完走認定のメダルをもらったときの何とも言えないホッとした表情。
勝者でもなく敗者でもなく安堵の表情ですよね,これ。


e0165831_7584852.jpg



すでにコメントをいただいた方にも,これから書こうとされていた方にもレスはなかなか書けないと思います。

予想した以上にツアーのスケジュールが(個人の時間があまりないという意味で)タイトで,ネットを
見ている余裕がなく,長時間にわたって山の中にいますので(汗)

明日はいよいよ『ツール第16ステージ』の観戦へ。山岳のふもとまでバスで行き,観戦スポットまでは
自転車で。まだまだ天候が不安定なのが気がかりです。

ではまた!
by pedalweb | 2014-07-22 08:07 | ロードレース/ヒルクライム | Comments(0)