LSDでカフェやら練習やら〜part1

雨の日曜ですね。友人とMTBで山に入る予定でしたが,夜の予報を見てキャンセルしてたっぷり寝坊しました(笑)

2〜4月は業爆のせいでまったく乗れなかったので(乗れても気分転換のオフロードライド),オンロードで
走る「脚」がすっかりなくなっています。

連休前の週から少しだけ乗る時間をとれるようになり,ようやく夏に向けて脚の立て直しを開始。

とはいうものの,あいかわらず今年は例年以上に仕事がキツいので,ほぼ週末(それも土日のどちらか)だけしか
まとまった時間のライドはできません。

ということで,連休最後の日曜から最低週に1回を目標にLSDを開始。

*ボクの場合,Long Slow DistanceではなくてLong Steady Distance「一定ペースでの長距離走」だと思って
 走っています。まあ,スピードは遅いのでけっきょくSteady=Slowなんですが(苦笑)

以前も書いたのですが,三船元プロがおっしゃっているように,有酸素域にとどめつつ,「このまま続くと
死にそうだ」と体が感じるレベルのスピードでずっと走り続けて,体の耐性を上げるのが本来のLSD。

なので,決してLSD=Long Slow Distanceではないのですね,意識としては。



e0165831_13564681.jpg
*きのう走った武庫川沿いの道から見上げた新名神の高架橋。近くにSAができて車が増えて,雰囲気が変わりました。



本来LSDというからには距離は100km以上ですが,ボクの場合は登り重視なので,いまのところ距離は80km
ほど,獲得標高1,600mくらい,休憩含めて5時間程度で終わるミドルレンジの練習走。

もう少し体力が回復してきたら,それぞれ距離と標高を倍に伸ばしたいと思っています。


       *       *       *


GW最後の日曜の5月6日は,ひさしぶりに宝塚の北の十万辻から登って,里山エリアをぐるっとまわり,
完成した新名神を見ながら,三田市に出て,また神戸市北区の里山エリアから裏六甲を登って帰るルート。

勝手知ったるホームコースのひとつではあるので,目新しい景色はほぼないのですが,新名神開通と新しい
サービスエリア(宝塚北)のオープンで車の通行量が増えて,のどかな里山感が少し失われています。

チョットセチガラクナッタ...とため息をつきながら,西谷JAへ。

西谷でドリンクストップのあとは,千刈貯水池の北端にたつ波豆八幡神社に立ち寄って写真休憩。



e0165831_15104348.jpg


最近知ったのですが,貯水池に面して立つここの古い方の鳥居は,昭和6年に千刈ダムの完成とともに
神社の南にあった集落(西谷村の波豆集落22世帯)と神社への参道が湖底に沈んだときに水面より上に
移設されたのですね。

明治末期にダム建設の計画が出たあと,集落はずいぶん反対したそうですが,八幡神社の静かな境内は
その頃の人々の哀感を見てきたのでしょう。以前はここの北の県道をただ通過していましたが,
神社の来歴を知ってからは,立ち寄って歴史のある静けさにひたってみることにしています。

まあ,そんな来歴を知らなくても,山の緑が美しく心が慰められる場所ではあるのですが。



e0165831_15254674.jpg


貯水池をはなれたあとは,ゴルフ場の間を抜ける丘の道を通って三田市街へ。

コンビニで補給したあとは,西の淡河方面へ抜ける県道や森の間の裏道をつないで,裏六甲の五社へ。

こんどは五社からハイキングコースのシュラインロードで六甲登山。

ここは一部斜度が18%に達するダブルトラックですが,簡易舗装や未舗装の荒れた路面に目がいくので,
斜度のキツさを気にしていられないという美点があります(笑)

それに何と言っても静かで,ごくまれにハイカーの方とすれちがうとき以外は,沢のせせらぎと鳥の声しか
聞こえない。

*上の写真はシュラインロード本来の道でシングルトラック。自転車はそばのジープロードを行きます。



e0165831_15371210.jpg


ランチは2週続きで『ロッコーベースカフェ』のカレーランチ。前の週に東京からの友人と来た時と
同じですね(笑)

さすがに連休中とあって混み合っていましたが,途中で庭で遊んでいたレトリバー君が一匹脱走して
ちょっとした騒ぎに。店内がなごやかな笑いにつつまれて,ほっこりして帰りました。



(続 く)




by pedalweb | 2018-05-13 15:42 | 練習ライド | Comments(0)