LSDでカフェやら練習やら〜part2

この週末もまたひとりでLSDに。きのう土曜日は夕方から仕事なので,昼すぎまでの時間にサクっと...

と思い,淡々と走って帰ろうと走り出したのですが,行く先々で思いがけない遭遇が。

ルートは先週の日曜とあまり変わりません。またまた距離80km,獲得標高1,600mほど。

宝塚市街から北に登り,西谷の里山エリアへ。

今回は新名神のサービスエリアをのぞこうと途中で西の県道に入るのですが,平日の疲れと軽い風邪の
症状で,サービスエリアへの登りアプローチを回避。かなり弱気(苦笑)



e0165831_16300833.jpg
*ルートの最後でラファ大阪から走ってきた御一行と遭遇。まだこの先ベーグル求めて走るらしい。



思いのほか体調がかんばしくないので,どう走ろうかと考えるうちに,お腹も空いてきて,早めにランチで
元気回復することに。めざすのは人気店『エスケール』

よく満席で待ち時間が長くなるお店ですが,さすがに連休も終わった直後で,開店まもない時間のせいか,
スッと座れてパクパクもぐもぐ。

いやあ,あいかわらず美味しくてボリュームたっぷり!自転車乗りの胃袋でも大満足です。
ちなみにボクが食べている間,カップルひと組以外は全員中年男性客。「食べがい」がある証拠ですね(笑)



e0165831_16391660.jpg


おなかいっぱいになったあとは,有馬川沿いに北上して,有野台の住宅を抜け,またまた裏六甲へ。

課題はすでに「いまできる最高レベルの有酸素運動」から「しんどさを美味しいものでごまかしつつ
ゆるく楽しく走る」にスイッチ。

シュラインロードの急斜面を登りながら,アタマの中は,尾根に出たらどこでカフェ休憩してなごむかな?
ばかり(笑)



e0165831_16513925.jpg
*夏には水浴びする猪鼻滝で。まだ水は冷た〜い。



まずは裏六甲ドライブウェイを記念碑台まで登ったら,コーラがある自販機めがけて六甲ケーブルの
山上駅まで下ることに。

気持ちよく晴れた神戸港を見下ろしながらコーラをゴクゴク飲んでから走り出すと...

あれ?こんなところにホテルがあったっけ?

ケーブル駅のすぐ北50mほどのところにホテルのゲートっぽい場所があります。

中は広々として,高い木々の下,気持ちの良い木陰に別荘っぽい建物があるようです。



e0165831_16550677.jpg


ボクが写真を撮っていると,店内から女性が出てらして,どうぞと声をかけていただきます。

そっかカフェなんだ。いつできたんやろ?といぶかしく思いつつお邪魔します。

コーヒーをいただきながらうかがうと,連休中に開店したばかり。もとは別荘だった跡に土地を借りて
オープンしたんですよとのこと。

まだメニューはシンプルですが,サンドイッチのランチやデザート,ドリンクとひと通り揃っています。

かなり広々した敷地で,屋外にも席があり,いずれはもっとガーデンカフェのようになるのかも。

店内はちょっとオスマシな雰囲気(街中のイタリアンとかの)ですが,値段はどれもお手頃。

店名は『653(六甲山)カフェ』。自転車乗りよりもドライブ客向きな感じですが,あるようで意外と
休憩スポットの少ない六甲山上ではとてもありがたい開店です。

なんといっても,古くから阪神間の避暑地リゾートとして開けてきた六甲山らしい,ノスタルジックで
「ハイカラな」たたずまいなのが好ましいので,うまく定着されるとイイですね。

大人のサイクリストの優雅な時間にふさわしいカフェが増えるのはホントありがたい109.png



e0165831_17174565.jpg
*ゲート脇にあった表示を見ると,もしかすると神戸のケミカル系企業の経営かもしれません。



さて,コーヒーでくつろいだし,あとは一軒茶屋まで登って下るだけと思ってまた走り出します。

うっかりすると後ろに仕事があるのを忘れるほど気持ちのよい天気(笑)

サイクリストもハイカーも多くて,一軒茶屋の前も人でいっぱい。

そして,通りすぎようとすると,キュートな女性サイクリストから声をかけられます。

あっ,ユウコさん!

よくラファ大阪のメンバーたちと走っていて,ヒルクライムが抜群に強い知り合いです。
一緒にボクは面識のない男性おふたりも。ラファのライドかな?

聞くと,ラファのシティライドのあと,走り足りないので六甲山に登り,まだ西に進んで,ベーグルが
美味しいお店まで行くのだとか。

えっ,タニヤンもいるの?遅れて登ってくるの?自転車復活してまもないのに六甲山へ?と笑いながら
待っていると,復活した人がけっこういいペースでゴール。すごいなタニヤン。



e0165831_17323586.jpg
*このあとまだ峠こえて走ってベーグル食べて,帰りにまた裏六甲を登れるのか?(笑)Photo by ユウコさん。



ちょっと魂が抜け気味の人と楽しくおしゃべりしていると,今度は山頂から降りてきたサングラスのハイカーが
声をかけてきます。

うん,誰?あっゾノかぁ!

そう,以前はよく年に一度の『ツール・ド・六甲(鶴六)』や乗鞍遠征なんかで一緒に遊んでくれていた
コアなメンバーのゾノくんです。最近はとんと自転車から離れて音沙汰がなかった..

聞けば,どうやら腰などの不調で山歩きメインで休日を過ごしているらしい。でも,今年は夏の終わりくらいに
復活できそうだとか。

ボクらに偶然会ってすごくうれしそうで,ボクもすごくうれしい。

いやあ,早く復活してまた一緒に乗りたいね。山歩きやトレイルライドも一緒にやりたいなあ。



e0165831_17472222.jpg


と,そんなこんなで,地味にひとりで走る練習走のはずだった時間が,行く先々で思いがけない出会いの
ある珍道中に(他にもひさしぶりの方に複数遭遇)。

いやあ,とりあえず出かけてみるもんですね。お外に出て遊んでいれば誰かと出会う。出会いがまた
出会いを呼んで,気がついたら何だか面白い時間をすごしているのでした。

さて,来週末は今回雨で流れてしまったクラブライドかな?

7月上旬には去年アジサイの花を楽しみながら登った『六甲ライジング』も企画する予定です。
いろいろ工夫しますので,また皆さん一緒に走りましょう!







Commented by ZONO at 2018-05-13 20:47 x
実はと言うと、そろそろ自転車仲間に会えるんじゃないかと思っていた矢先の再会だったんですw 本当に嬉しくて走って降りて行きましたよw ご無沙汰しておりましたm(_ _)m
Commented by pedalweb at 2018-05-13 22:34
>ZONOさん

さっすが,鋭い嗅覚!こちらこそご無沙汰でした。復活楽しみにしてまっせ〜(^^)
by pedalweb | 2018-05-13 17:57 | 練習ライド | Comments(2)